脳や神経の病気の早期発見につながる
情報提供を行っています。
「このサイトについて」
「脳神経内科」とは?

 監修:東京大学大学院医学系研究科 神経内科学 教授/日本神経学会代表理事 戸田 達史 先生

今や4人に1人が65歳以上の高齢者。めまいやふらつき、物忘れなど、高齢者によく見られる症状のなかには、実は病気の症状が紛れていることもあるのです。
最近、気になる症状はありませんか?気になる症状がある場合、どの診療科を受診したらよいのでしょう?

※マンガをクリックすると、拡大表示されます。

最近、「ものがうまくつかめない、足に力が入らない、ふらつく、しゃべりにくい」などの症状はありませんか?病院を転々としていませんか?もしかしたら脳や神経の病気かもしれません。一度、脳神経内科に相談しませんか?
こうした症状があっても、本人には自覚がない場合もあります。
ご家族など、周りの方が異変に気付き、病気が見つかることもありますから、気になる症状がある場合はそのままにせず、
お近くの「脳神経内科」を受診しましょう。
気づきやすいシーン

家族との食事

家族との食事

外出

外出

電話

電話